グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・部門  > 診療協力部門  > 臨床検査科

診療科・部門

臨床検査科

臨床検査科では患者様を第一に医師が適切な診断治療が行えるよう、正確な検査結果を迅速に臨床へ提供することを心がけております。


このページの目次


臨床検査科行動目標
① 臨床検査科の検査データの付加価値を高めています。
② 検査適正化・チーム医療などについて前向きに業務改善しています。
臨床検査科の取り組み
臨床検査科では検査データの正確性を保証する為、日本医師会、日本臨床検査技師会など、各種の精度管理調査に参加し優秀な成績を得ています。また、日本臨床衛生検査技師会の「精度保証施設認証書」を取得しています。
当院の臨床検査科では臨床検査技師の免許だけでなく超音波検査士などの各種認定資格の習得を積極的に行なっています。また、日本臨床衛生検査技師会・日本超音波検査学会・日本臨床微生物学会等に所属し、学会発表を行なっています。
年2回、ラボレター(臨床検査に関連する内容)を院内に発行しています。また患者様用に「検査値の見方」を7種類発行し外来待合室で提供しています。
検査業務内容
当科の検査業務は大きく分けて、生化・血清・一般検査、血液検査、生理検査、輸血業務、細菌検査、検診・ドック業務を行っております。

各部門の紹介

生化・血清検査部門

生化学自動分析機

・生化学検査では大型の自動分析装置を用い血液中のさまざまな成分を測定することにより、肝臓・腎臓・膵臓など、各種臓器の異常を調べたり、治療の効果判定、経過観察を行います。
・採血後30分以内での報告を心がけ検査を行っています。
・血清検査では2台の分析装置により、感染症、腫瘍マーカー、ホルモン等の検査を行っています。
・感染症検査ではB型肝炎やC型肝炎、HIVなどの検査を行っており、腫瘍マーカーの検査は各種臓器の腫瘍を見つけたり、病態や治療後の経過観察などに用います。また甲状腺機能等のホルモン検査も実施しています。

一般検査部門

一般検査では主に尿や便、穿刺液を扱い検査しています。尿検査では、糖・蛋白・潜血などの定性・定量や尿沈渣を行ない、腎機能の評価や体内の異常を見つけます。便検査は大腸がんを見つける検査として便潜血やトランスフェリン検査を行なっており、ヘリコバクターピロリの感染診断や除菌判定のために便中ヘリコバクターピロリ抗原検査も行なっています。穿刺液の検査では髄液検査や関節液等の検査を行なってます。

血液検査部門

鏡検による白血球分類

血液検査は赤血球・白血球・血小板数の測定、白血球分類、凝固線溶検査など、血液疾患等の診断、病態推定、抗凝固療法の管理や手術時の血栓症のスクリーニングなど診療に欠かせない検査を行なっています。

輸血検査部門

輸血検査は血液型・不規則性抗体スクリーニング・輸血交差試験等の検査を行い輸血時の副作用が起こらないよう検査しています。より安全で、より安心な輸血治療が行われるよう取り組んでおり、輸血システム等を導入し血液製剤の管理、発注、保管、輸血結果等のデータ管理を行っています。また患者様自身の血液を貯めておき、手術時に使用するなどの自己血輸血の管理も行なっています。

生理検査部門

24時間ホルター心電図解析

生理検査部門では各種心電図検査・肺機能検査・誘発筋電図検査・各種エコー検査・脈波検査・睡眠時無呼吸検査(PSG)等を行っています。
心電図検査では、入浴可能な24時間ホルター心電図も用意し患者様の要望に応えれるように取り組んでいます。睡眠時無呼吸検査では家庭で行う簡易PSG検査から、入院していただき、夜から始め明け方にかけて行なう精密PSG検査も実施しています。また、睡眠時無呼吸症治療のCPAP(在宅持続陽圧呼吸療法)管理も行なっています。エコー検査では、腹部・乳腺・甲状腺・深部静脈・関節等の各領域で実施しています。生理検査部門では直接患者様と接することが多いため女性技師を中心に検査を行なっています。

細菌検査部門

細菌培養操作

菌の培養、同定、薬剤感受性試験などの細菌検査のほかに、インフルエンザ・ノロウイルス等の迅速検査も行い速やかな治療が行われるよう心がけています。院内感染対策のチームに週刊、月刊、年間の細菌の検出状況などの報告をしています。またチームに技師3名が参加し中心的立場で活動しています。

検診・ドック業務

ドック及び院内検診では生化学・血液・尿・便潜血などの検体検査・心電図検査・エコー検査・眼底検査、オプション検査にて骨密度検査・脈波検査を行っています。また、院外検査では検診バスにて静岡県東部地区を中心に各事業所へ行き、地域住民やJA職員等の検査も実施しています。

臨床検査科のシステムについて
当臨床検査科では検査システム・輸血システム・生理システム・バクトシステム(細菌)などを導入し迅速、正確な検査結果の提供を実施しています。

Copyright© Hot spring of rehabilitation Nakaizu hospital . All rights reserved.

ページの先頭へ