グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・部門  > 看護部

診療科・部門

看護部

看護部理念

『私たちは医療チームの一員として、やりがいを持ち「温かな看護・介護」を提供します。また、地域住民が、安心・安全な在宅生活が継続できる環境を整えます。』

看護部基本方針

①患者・家族の立場にたって考え、患者・家族に適した根拠に基づく看護を提供します。
②その人らしい生活ができるように、セルフケア不足の充実を図る看護を提供します。
③医療チームの一員として看護師の役割遂行に専門的な知識・技術を習得します。

看護部長あいさつ

看護部長 石井広美

当院は、伊豆半島の中央に位置しており、自然豊な環境と温泉を利用したリハビリテーションを展開しています。2025年問題(少子高齢化)により、医療・介護の需要が高まることが予想されていますが、当院では昨年より「地域包括ケア病棟」を立ち上げ、地域住民の方々が、出来るだけ永く地域・在宅で生活できるよう在宅復帰支援に力をいれています。
 看護部の機能としては、①予防(外来)②整形疾患患者の急性期治療・急性期を脱したリハビリ患者の支援(病棟・手術室・在宅部門)③在宅復帰支援(病棟・在宅部門)があり、「温かな看護・介護の実践」に心がけて日々精進しています。
 「働きやすい職場づくり、職員を元気にする(フィッシュ活動)」の実施、人材育成(教育の充実)を目標に、前進あるのみです。是非、一緒に地域に根ざす病院(看護部)を目指してみませんか。

病棟紹介

2西病棟(回復期病棟)

脳血管疾患後遺症や骨折術後の患者様が対象の回復期リハビリテーション病棟です。多職種が、それぞれの専門性を発揮し患者様のために何が一番良いのか考え、相談しチームアプローチを実施しています。患者様にとって「回復期」は集中的なリハビリテーションによって機能回復が最も期待できる時期です。その大切な時期に患者様とご家族様と一緒に家庭復帰、職場復帰へのお手伝いを“明るく”“元気に”“温かく”“誠意”をもって取り組んでいます。

3西病棟(地域包括ケア病棟)

平成27年4月より地域包括ケア病棟となりました。急性期医療を終了し、自宅退院に不安のある患者様に在宅復帰支援を行う病棟です。医師、看護師、セラピスト、ケースワーカーと協力し、安心して在宅復帰できるように支援しています。

5西病棟(一般病棟)

整形外科とリウマチ科を含む一般病棟です。整形外科疾患の治療や手術を受けられる方、関節リウマチ発症間もない方や生物製剤の導入の患者様が入院されます。リハビリスタッフが多く、手術直後からの専門的リハビリや、リウマチに対する積極的な運動療法が受けられることが特徴です。看護師は身体面だけでなく、精神面のケアから機能回復・自立支援を目標としています。

2東病棟(回復期病棟)

脳血管疾患後遺症や骨折術後の患者様が対象の回復期リハビリテーション病棟です。自宅退院を目指し、患者様、家族様と共にリハビリテーションに取り組んでいます。『その人らしさ』を念頭に、リハビリテーションの経過により、ご自宅の環境に合わせた外出や外泊、宿泊介護指導も取り入れています。

5東病棟(回復期病棟)

人工関節や脊椎の手術後の患者様を中心とした整形回復期リハビリテーション病棟です。限られた入院期間で、患者様が希望する場所に戻れるよう援助しています。日々、機能アップしていく様子を間近に見ることができるのは、リハビリテーションナースとして嬉しいことです。

外来

内科、外科、整形外科の通常診療に加えて、骨粗鬆症、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科の専門外来も行っています。レントゲン、CT、MRI、胃や腸の内視鏡検査、エコー、骨密度等の検査にも対応しています。

手術室・中央材料室

脊椎の手術年間130件、人工関節年間80件、その他40件程行っています。手術室業務、中央材料室業務やリネン管理等、協力しながら業務を行っています。

メッセージ

先輩看護師からの一言

2年目の看護師から一言
看護師として働き出して、あっという間の1年でした。病棟で働くということは、1人ではなくチームで看護を行っているということが大切であることを学びました。少しでもチームの一員になれるよう、日々知識やできる技術を増やしていくことが大切であると思います。(土屋峰花)
看護師になって、患者様の日常生活機能が上がっていくことに喜びを感じます。自分が患者様のために何ができるのかを考えることが楽しいです。患者様ができなかったことができるようになり、喜びを分かち合うことは本当に嬉しいです。(西家沙友里)
看護師になりもうすぐ1年です。技術もまだ未熟ですが、患者様からの「ありがとう。」の言葉に元気をもらい充実した日々を送っています。(佐藤佳那子)
地元の浜松を離れ、社会人1年目・1人暮らしはとても不安でした。でも今は生活や仕事にも慣れ毎日充実しています。先輩たちも優しく指導してくれて、自分のペースで学習できています。(鈴木祐美)
就職して1年が経った今、できることが少しずつ増えたことで業務に慣れ、患者様を最優先し、気持ちを理解しようと努力できるようになってきました。2年目もこれまでと変わらない学ぶ姿勢で頑張っていきたいです。(藤原綾花)
初めての受け持ち患者様は、入院当初、車椅子で生活していました。杖歩行になり患者様自身も1人で出来ることが増え、それを嬉しそうに話してくださる姿がとても印象に残っています。(岩品恵理香)
看護師になって、毎日こんなにたくさん“ありがとう”と言われる仕事はないと思います。だからこそ、しっかり勉強をして患者様のためにできることをたくさんやりたいと思います。(遠藤志帆)

看護部トピックス

ただいま当院では“出産ラッシュ”です。他病院と同様産休・育休者の職員補充はありませんが、先輩の「子育論」を傾聴しながら敷地内の保育所に子供を預け、育児との両立を頑張ってる!!ママさん看護師達、きらきら輝いてます。

Copyright© Hot spring of rehabilitation Nakaizu hospital . All rights reserved.

ページの先頭へ