グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > リハビリテーション  > リハビリテーションチームの紹介

リハビリテーション

リハビリテーションチームの紹介

チーム一丸の積極的なリハビリテーション

当院は、総合リハビリテーション施設で、多くの専門職種を有しております。
広大な敷地と施設も充実しており、少し田舎にありますがリハビリテーションを行うには最適の環境です。回復期リハビリテーションは、365日リハを導入し早期退院に向け取り組んでおります。
1日の訓練時間も各部門とも40 分~60 分と患者様の状態に応じて行います。


1.リハビリテーションとは

リハビリテーションとは、「本来あるべき状態への回復」を意味しています。ケガや病気により起こった、からだの機能の低下や生活の動作が困難な状態を改善し、その方の社会への復帰を達成するための治療です。私達は患者様のからだの状況と、その方を取り巻く生活背景を把握して、からだと心の両面から関わることで、その人らしい生活を再び取り戻せるよう取り組んでいます。

2.当院のリハビリテーション

理学療法科(PT)理学療法士65名 健康運動士1名 マッサージ師・他2名
作業療法科(OT)作業療法士28名
言語療法科(ST)言語聴覚士  5名

                                                           平成27年4月現在

3.私達のリハビリテーションへの想い

当たり前の事ですが、リハスタッフと患者さんの関係は「信頼関係」を築くことから始まります。
その為には、①障害を治すための専門知識や技術を備えている。②患者さんの様々な要求に応えられる人間性を持っている。ことが大切だと思います。
そう簡単に信頼関係は構築されるものではありませんが、①病気や障害を治して欲しい。②何でも気軽に話せる間柄でありたい。という患者さんの希望に応えられるように、専門的な知識・技術の修得や人間性豊かな人材の育成に取り組んでいます。  (理学療法科技師長 磯毅彦)

4.各療法について

理学療法

理学療法について

理学療法は、からだの機能に何かしらの障害が生じた患者様に対して、日常生活における基本的な動作(起きる、立つ、歩くなど)を行いやすくするために、様々な運動や治療機器の使用を通して、筋力、関節の動きやすさ、バランスといったからだの機能改善を図る治療法です。私達理学療法士は、からだの機能や基本動作の改善を促すことで障害を持った方々の生活を支える医療の専門職です。
また、他の職種と連携をして、再び自立された生活が送れるよう、退院後の生活を見据えた治療を提供しております。

作業療法

作業療法について

作業療法は、医師の指示のもと様々な疾患や外傷に起因する心身の機能障害の改善や、日常生活動作(ADL)・生活関連動作(I・ADL)・就労・余暇活動など、対象者の生活の質(QOL)を向上できるように援助する治療です。
また、作業療法は機能の改善だけでなく、生活の中でその人が大切にしている生き甲斐や希望を実現し、社会や家庭で主体的な生活ができることを目指す療法です。

言語療法

言語療法について

言語療法では失語症・構音障害・高次脳機能障害・嚥下障害などの、「話す」「食べる」といった動作の障害をきたした方に対してそれらの機能回復を支援します。患者様お一人お一人の症状に合わせて、円滑なコミュニケーションのとり方・安全な食事方法などをアドバイスします。

5.当院リハビリテーションの特徴

充実したリハビリテーションの提供

当院では理学療法、作業療法、言語療法のリハビリテーションスタッフが充実しており、手厚い個別訓練が行えます。また温泉を利用した水治療法、リハビリテーション機器を利用したトレーニング、調理訓練室、入浴訓練室など充実したリハビリテーション設備を有しています。更に、発症早期のリハビリテーションの有効性は高いため、入院日の翌日からリハビリテーションが開始されます。

途切れのないリハビリテーション

入院して集中的にリハビリテーションをうけられる回復期病棟や地域包括ケア病棟、退院した後も、訪問リハや通所リハ、外来リハなどがあり、入院中も、退院して日常生活に戻った後も、途切れなくリハビリテーションを受けることができます。

関節リウマチのリハビリテーション

関節リウマチは関節の炎症を主な病変とし、その進行により関節の破壊や変形が起こる病気です。破壊や変形が進むことで日常生活が困難となります。当院では関節の保護、痛みの軽減、筋力の強化、関節の動きの拡大を目的とし、病気の症状や進行に合わせたリハビリテーションを行っています。適切な運動指導や生活指導を行い、患者様に合わせた装具や自助具を作製することで日常生活の改善や生活の質の向上を目指します。また、教育を中心とした、2週間また4週間のリウマチ短期リハビリ入院も実施しています。
患者さまの1日のリハビリスケジュール
9:00~10:00理学療法(個人訓練)
10:30~12:00リウマチ体操(集団訓練)
14:05~14:45パラフィン浴(物理療法)
15:00~15:30運動浴(水中訓練)
16:20~17:00作業療法(個人訓練)

回復期病棟のリハビリテーション

回復期リハビリテーション病棟とは多くの医療専門職がチームを組んで集中的なリハビリテーションを実施し、心身ともに回復した状態で自宅や社会へ戻っていただくことを目的とした病棟です。当院は3病棟137床の回復期病棟を有しています。リハビリテーションスタッフを病棟担当制にすることで医師、看護師、社会福祉士、薬剤師、管理栄養士と密接に連携をとることが可能となり、ご本人とご家族の要望に合わせたリハビリテーションを提供しています。

整形外科疾患のリハビリテーション

整形外科治療には、手術療法と保存療法があります。当院で行う手術には、主に人工関節置換術、脊椎・脊髄の手術があります。手術後は、移動能力や日常生活動作の早期回復に重点を置き、関節の痛みや動きづらさ、筋力の低下、しびれなどの神経の障害に対して個別のリハビリテーションで対応しています。保存療法では、個別のリハビリテーションと合わせて装具療法も行っています。また、生活場面での痛みを軽減させるだけでなく、関節を保護するための生活指導や自主訓練の指導も私達セラピストの仕事です。

外来リハビリテーション

当院では、理学療法、作業療法、言語療法のすべての療法で外来リハビリテーションを対応しております。また、個別の運動療法だけではなく、集団体操や水中運動療法、物理療法などバリエーション豊富なリハビリテーションを提供しております。つまり、患者様の症状に合わせて、適切なリハビリテーションを行うことができます。

地域の健康増進と介護予防

近隣地域の高齢者の健康増進・介護予防活動に取り組んでいます。地域の皆様が住み慣れた町の中で、少しでも長く、健康的でその人らしい生活が送れるよう、体操教室やパワーリハビリテーション、ボランティアの養成などに取り組んでいます。障害を背負った患者様だけではなく、健康な方々のケガや病気の予防にも積極的に取り組んでいます。

質の高いリハビリテーションの追求

私達はリハビリテーションの専門病院として、常に効果的かつ先進的なリハビリテーションを提供できるよう、職員の教育に積極的に取り組んでいます。主に、外部講師を招待しての院内研修会の開催、臨床研究への取り組み、院外での学会発表や講習会への参加、院内での職員研修を実施しております。

自然あふれる治療環境

当院は伊豆半島の真ん中に位置し、自然あふれる広大な敷地の中で療養生活を送ることができます。敷地内には屋外歩行訓練場もあり、四季を感じながら療養できるため、心と体の回復に最適な医療施設です。

Copyright© Hot spring of rehabilitation Nakaizu hospital . All rights reserved.

ページの先頭へ