グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > リハビリテーション  > 言語療法について

リハビリテーション

言語療法について

「ことば」は互いの意思を伝えあい、物を考え、感情を表現する為のコミュニケーション手段です。
 言語療法科では脳卒中や頭部外傷、神経変性疾患によりコミュニケーションに何らかの問題をきたした方に対して機能の改善・促進の為の支援を行います。又食べること・飲み込むことが困難な方に対して安全に食事ができるよう支援を行います。


失語症に対するアプローチ

失語症とは「言いたい言葉が出ない」「相手の言っていることがわからない」など「話す・聞く・読む・書く」のいずれにも困難が生じる状態です。患者様の症状に合わせた機能訓練、対話を通じて言葉を引き出す会話訓練、ジェスチャーや描画による代償コミュニケーションの検討を行います。又ご家族に対して、患者様とどのような話し方をすれば伝わりやすいかといった話し方・接し方のアドバイスを行っています。

運動障害性構音障害に対するアプローチ

構音障害は舌や口唇などの発声発語器官が麻痺することによって「ろれつが回らない」「声が出しにくい」などの症状が出る「話し言葉」の障害です。口の体操や発声・発語の機能訓練を行います。言葉のみで意思疎通が困難な場合は文字盤や書字の使用も指導します。

高次脳機能障害に対するアプローチ

脳卒中や頭部外傷によって「記憶力が悪くなった」「考える力が鈍った」「感情の起伏が激しくなった」「物事を効率よく行えなくなった」などの症状が現れることを高次脳機能障害といいます。これらの症状がコミュニケーションに支障をきたす場合は、必要に応じて評価、機能訓練、日常生活支援等を行います。

摂食・嚥下障害に対するアプローチ

「食事中にむせる」「食べ物が口からこぼれる」など食べること・飲み込むことに問題がある状態を摂食嚥下障害と言います。嚥下障害が疑われる方に対しては、一連の機能評価と嚥下造影検査(VF)を行い、食物を取り込む・咀嚼する・飲み込むなどの機能回復を支援します。又患者様がおいしく安全に食事がとれるよう、飲み込みやすい姿勢や食物の形態についてアドバイスします。

Copyright© Hot spring of rehabilitation Nakaizu hospital . All rights reserved.

ページの先頭へ