グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > リハビリテーション  > 作業療法について

リハビリテーション

作業療法について

作業療法は、医師の指示のもと様々な疾患や外傷に起因する心身の機能障害の改善や、日常生活動作(ADL)・生活関連動作(I・ADL)・就労・余暇活動など、対象者の生活の質(QOL)を向上できるように援助する治療です。
また、作業療法は機能の改善だけでなく、生活の中でその人が大切にしている生き甲斐や希望を実現し、社会や家庭で主体的な生活ができることを目指す療法です。


作業活動

作業療法は低下を来した心身機能に対し作業をすることでその回復を図る療法です。ここでの作業とは手工芸などの物づくりだけでなく、料理や園芸などあらゆる活動が治療手段となり、これらの作業特性を分析することで治療に用います。
当院の充実した設備や自然豊かな環境は様々な作業活動に対応でき、より興味関心のある活動の提供が可能です。

徒手療法

運動麻痺の改善や疼痛緩和、活動のしやすいコンディションの調整など、セラピストの手技を用いて身体機能の治療を行ないます。
当院では特定の手技手法にこだわらず、患者様の症状に合わせた最適な方法を用いて治療に当たります。

装具・スプリント療法

関節変形の予防や機能改善および生活行為の維持向上のため、スプリント(簡易装具)を用いた療法を行い、QOLの向上を図ります。
当院では、開院以来多くの研究や治療成果の実績があり、全国的な評価を得ています。

日常生活動作・生活関連動作練習

ADLやI・ADLについて、患者様の生活環境や家庭での役割、心身機能を評価し、その方に最適な方法の指導を行ないます。
 当院の作業療法室には昇降可能なキッチンなどの設備が整っており、より家庭に近い環境での練習が可能です。

自助具

身体機能の低下を補い、目的の活動をしやすくする道具を自助具といいます。作業療法ではこれら自助具の適応評価から選定及び考案作製を通じ、自立した生活を送れるよう援助をします。
 当院は開院以来物づくりの伝統が受け継がれており、これまでに様々な自助具の考案を行なっています。

リウマチへに対する姿勢

リウマチという病気と治療について正しい知識を身につけていただくことが重要です。
当院ではさまざまな方向からのアプローチでお手伝いをいたします。
詳しくは「リウマチ」ページをご覧ください。

Copyright© Hot spring of rehabilitation Nakaizu hospital . All rights reserved.

ページの先頭へ