グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ご利用案内  > 入院・お見舞い  > 褥瘡(床ずれ)入院のご案内

ご利用案内

褥瘡(床ずれ)入院のご案内

介護されるご家族を援助いたします

自宅療養中の患者様が床ずれ(褥創)を起こし、その治療に随分と悩まされたという、介護をされているご家族のご苦労話を伺うことがあります。
患者様がご高齢であるとか、ご病気の後遺症で十分栄養が摂取できないなどの理由で、床ずれを起こしてしまうことは、入院患者様でも避けられないことがあります。

現在、自宅での療養で患者様が床ずれを起こしてしまい、介護にご苦労されているご家族がいらっしゃるのではないか。そうしたご家族の介護負担を少しでも軽減できればと、褥創治療入院をご案内させて頂くこととしました。
当院外科医師を中心とした医療チームが、ご家族の皆様に代わって褥瘡治療を行い、再び快適な自宅療養生活を継続して頂く一助となることを願っております。


入院期間褥創が完全に治癒するまでの期間。
褥創の部位や大きさ等によって治療期間には個人差がありますので、当院での治療代表例をご覧下さい。
費用入院治療については健康保険適応ですので、3割自己負担で1ヶ月当り20万円程度(高額医療の対象となります)です。
老人医療1割負担の方では、1ヶ月当り10万円程度です。

治療内容は学会でも発表しました

当院の一般病棟域いは療養病棟において、フィルムドレッシング法で褥創の完全治癒を目指します。
また、当院の専門性を生かしたリハビリテーションも必要に応じて同時に行ってまいります。

体圧管理に関するバイブル的な書籍も発行いたしました ※価格は2014年3月31日までのものです


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


ご相談窓口

ご相談(或いは入院申込)は地域連携室と入院係が窓口を担当いたします。
担当者地域連携室:鈴木
入院係:大津
※専門的な対応が必要な場合は、外科医師 恩田が対応いたします。

下記より、入院申込用紙をダウンロードしてください。


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


Copyright© Hot spring of rehabilitation Nakaizu hospital . All rights reserved.

ページの先頭へ