グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ご利用案内  > 人間ドック・健康診断  >  日帰り人間ドック

ご利用案内

日帰り人間ドック

基本料金と検査項目

基本料金

一般36,000円 (税抜き金額)

検査項目と検査でわかること

検査項目検査の目的
身体測定身長、体重、BMI、腹囲肥満、やせすぎがわかる
血圧測定随時血圧高血圧、低血圧がわかる
心電図安静時心肥大、不整脈、心筋異常の有無
検便潜血反応(免疫法)主に大腸がん早期発見の手がかりとなる
尿検査蛋白、糖、潜血、ウロビリノーゲン、比重、PH、アセトン体、ビリルビン他主に泌尿器疾患の有無



空腹時血糖、HbAlc糖尿病の有無
膵臓、腎臓尿素窒素、クレアチニン、アミラーゼ膵機能、腎機能異常の有無
尿酸尿酸高尿酸血症、痛風の有無
脂質総コレステロール、HDL-コレステロール、中性脂肪、LDLコレステロール高脂血症の有無
血清CRP、RF、RPR、TPLA梅毒、リウマチの有無
肝臓系GOT、GPT、ALP、ZTT、Ch-E、γ-GTP、LDH、TP、アルブミン、A/G比、総ビリルビン肝臓病の有無
肝炎HBs抗原、HCV抗体ウイルス性肝炎感染の有無
貧血
白血球
血小板
赤血球、ヘモグロビン、ヘマトクリット、MCV、MCH、MCHC、白血球、血小板貧血の有無
白血病、感染症、血小板減少症等の有無
その他ナトリウム、カリウム、クロール電解質バランス
視力検査視力測定視力、近視の有無
眼圧検査眼圧測定緑内障等の有無
眼底検査眼底写真動脈硬化、糖尿病性変化の有無
聴力検査1000Hz、4000Hz難聴等の耳疾患有無
肺機能検査肺活量、一秒量、%肺活量、一秒率肺機能の程度がわかる
胸部X線胸部正面撮影結核、肺炎、肺腫瘍等の疾患の有無
胃部X線食道、胃、十二指腸胃がん、胃潰瘍等上部消化器疾患の有無
腹部超音波超音波検査肝臓、胆嚢、腎臓などの異常の有無
問診・診察・面談問診、内科診察、検査結果説明

※契約団体により、多少検査項目が異なります。

オプション検査

検査内容税抜き金額 (円)備考
胃カメラ検査5,000胃バリウム検査に代え実施(人数制限あり)
ペプシノーゲン検査(血液)1,000胃がんの原因(萎縮性胃炎)の発見に有用
ピロリ菌抗体検査(血液)1,000胃潰瘍や胃炎の原因ヘリコバクターピロリ菌抗体検査
乳がん検査4,300触診・マンモグラフィー・超音波を併用
子宮頚がん検査3,000細胞診、全年齢の方に推奨(毎週火、木曜日 13時00分~)
骨密度検査800超音波を用いた検査
喀痰細胞診検査3,000肺がん検査として(3日間蓄痰法)
肺CT検査10,000肺がんやその他肺病変の検査
四肢血圧脈波検査(ABI)2,400動脈の狭窄・閉塞と動脈の固さを総合的に評価
内臓脂肪測定(腹部CT)2,000CTスキャンによる内臓脂肪の測定
甲状腺機能検査(血液)2,000甲状腺疾患等の発見に有効
前立腺腫瘍マーカー検査(血液)1,550前立腺腫瘍等の発見に有効(PSA)
腫瘍マーカー検査(血液)CEA1,000消化器系がん等の発見に有効
腫瘍マーカー検査(血液)AFP1,000肝臓がん等の発見に有効
腫瘍マーカー検査(血液)CA19-91,000膵臓がん等の発見に有効
腫瘍マーカー検査(血液)3,000上記3項目腫瘍マーカーセット検査
卵巣腫瘍マーカー検査(血液)1,550卵巣がん等の発見に有効(CA-125)
蜂アレルギー検査2,970※スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチ

検査前の注意事項

前日

  1. 暴飲暴食をせず、午後9時00分ごろまでに食事を済ませましょう。
    これ以降検査が終わるまで絶食となります。(水・酒類・お茶・その他一切の飲食物・ガム・タバコもいけません。)
    ※常用薬のある方は事前にお問い合わせ下さい。
  2. 夜ふかしをせず十分に睡眠をとりましょう。

当日

  1. 検査終了まで一切の飲食をひかえますが、朝服用分の高血圧症、心臓疾患のくすりは認められております。
  2. 尿検査があるので検査直前の排尿はしないでください。
  3. 女性は生理の経過に注意し、生理中の方は潜血反応が出ることがありますので申し出てください。
    また、X線検査があるので妊娠の可能性のある方も申し出て下さい。

ドック当日の持ち物

  • 問診票
  • 服薬治療中の方はその薬及びお薬手帳
  • 健康保険証
  • 検便、検尿
  • 健康保険組合発行の利用券など

検査結果について

セルフコントロールの指標に

結果が「異常なし」の方、ホッとして検査のことも忘れてしまいがちと思いますが、病気ではなくても加齢とともに検査値が年々悪くなっていくことがあります。
いわゆる老化現象ですが、日常の生活習慣を少し改善することでこの老化を遅らせることができるのです。
そのために、毎年「人間ドック」を受け生活習慣 の改善の目安にすることが大切です。
検査が必要な人・病気と診断された人は迷わずに、早めに受診しましょう。

基準値は柔軟性を持って考えましょう

基準値にも個人差があります。また、その日のコンディションによっても違うことがあるので、一つ一つのデーターを正常値と比べて一喜一憂することなく総合判定にしたがって治療を受けたり生活改善することが大切です。

Copyright© Hot spring of rehabilitation Nakaizu hospital . All rights reserved.

ページの先頭へ